中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

大阪“まん延防止”実施中!

「大阪“まん延防止”4月5日~5月5日まで 吉村知事「飲食店のカラオケ」に自粛要請!」 先日、支援先のカラオケ喫茶を訪問したら、マスターが吉村知事に対して、相当なお怒りであった。 その店は感染対策をきっちりされているが、でも実際に、他のカラオケ…

大阪府のまん延防止重点措置の適用!

大阪府は、まん延防止重点措置の適用を国に要請した。 大阪府の昨日(3月31日)の新規感染者数は599人。大阪市内の飲食店にはマスク会食やアクリル板設置を義務化されるようだ。 「お客様は神様」の日本で、お金を使ってくれるお客様に対してどうしても低姿…

資金繰りに困っている飲食店に早く支援を!

コロナで資金繰りが厳しい飲食店が多い中で、その飲食店に負担を強いた対価として支給される協力金の遅れに店主達は不安がっている。 そんな中、17日(水)ようやく支援先の飲食店(初日申請組)に「大阪市時短要請協力金」の審査完了メールが届いた。そして…

ポストコロナに対応する飲食店!

緊急事態宣言が発令中だった一都三県も、ようやく解除される方向だそうだ。これ以上、続けても効果なしという判断であろう。犠牲を強いられていた飲食店も、時短要請を無視して罰金覚悟で深夜まで営業する店や隠れて営業しながら時短協力金を申請する等、無…

一時協力金が始まります。

「一時協力金」の申請受付が8日から始まります。受付期間は5月31日までです。 ①緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること。 ②2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少していること。 個人300.0…

緊急事態宣言の解除!

今月末で緊急事態宣言を前倒し解除されるようだ。 もう1年近くも通常営業ができなかった飲食店はホッとしている。なぜならば入る金がなく、レジの中は釣銭だけの状態の日々に苛立つ状態だったからだ。 時短協力金をすぐ申込んだが、混雑しておりいつ入るかは…

緊急事態宣言解除が待ち遠しい外食関連企業!

「鳥貴族」の業績が厳しいようである。あれだけ好調だった繁盛店でさえ、コロナの影響は大きいようだ。対前年比で、11月=81.3%、12月=51.9%、1月は緊急事態の再発令で更に低下し、28.1%と7割も落としている。売上を7割落とすとは薄利多売の「鳥貴族」…

コロナで飲食店の優勝劣敗が明確に!

コロナにより、飲食店の経営は厳しい状況に置かれている。特に、お客さんの外出規制や感染予防対策として国や自治体からの営業自粛要請で殆ど営業ができない状態である。 都心部の飲食店の来客数は前年比75%ダウンだそうだ。薄利で損益分岐点90%程度の飲食店…

コロナで食を取り巻く環境も大きく変化!

今日から緊急事態宣言が延長される。これだけ業績不振に苦しむ事業者や生活困窮者に対する給付金をお願いされても、意地でも出そうとしない菅内閣。その緊急事態延長で飲食店からは悲鳴が上がっている。時短要請が更に続く一方で、要請に応じず命令にも従わ…

コロナ支援の不公平感で社会がおかしくなる

日本経済新聞の取材を受けました。 コロナ感染拡大に伴う飲食店への時短要請の為に、売上が減少した納入業者などにも最大40万円の一時金が給付されることとなった。だが、飲食店への協力金と比べ、あまりにも少ない金額に不公平だとの声が多い。予算に限り…

日本は世界の中でも老舗企業が多い国。

日本は世界の中でも老舗企業が多い国。 創業100年企業の国別ランキングを見ると、創業から100年以上を経過した企業数は世界で最も100年企業が多いのは日本で3万3076社ある。世界の創業100年以上の企業の総数、8万66社の41.3%を占めた。2位は米国の1万9497社…

飲食店の明るい未来に向けて

居酒屋「白木屋」等を展開する外食大手のモンテローザが都内61店を閉店するようだ。大手が倒産すれば経済に与える影響は大きく、雇用も不安定になる。ランチまで自粛を求められサイゼリヤの社長が怒るのは危機感の表れだろう。 小規模店は時短協力金で助かる…

未曽有の危機である飲食店の打開策!

コロナ感染拡大の諸悪の根源とされる飲食店は未曽有の危機的状態である。1年にも渡って売上が半減しており、何とか耐えてきた店も限界になりつつある。そういった環境の中、「With コロナ」の時代をどこよりもうまくお付き合いをすることが他店との差別化を…

コロナ過でも頑張る飲食店

コロナ過でも頑張る飲食店 コロナ過で暗い話が多い外食業界で工夫して利潤最大化を実現した店もある。今の飲食店では喉から手が出るくらい欲しい売上だが、1日100食を完売したら営業を終了する店。追加費用を計算すると100食が利潤最大化になり、それ以降は…

コロナ禍で店を続ける為には!

飲食店が廃業する原因は赤字よりも資金枯渇である。何故なら、赤字でも金を回すテクニックがあればしばらくは延命できるからだ。入金は早く支払は遅くの資金管理をすれば多少の赤字でも現金商売の飲食店であれば金が回り、仕入れや従業員の給料への支払いが…

コロナで先送りされる2025年問題!

コロナ廃業が注目される中、後継者不在で廃業が懸念される「2025年問題」が再燃してきているようです。 後期高齢期に突入する団塊世代が事業承継できない為に、いつまでも引退できないようでご苦労されているみたいですね。 そんな状態に追い込まれているの…

コロナ後の外食はどうなるか?

大阪市内で今年4月~11月までの間に飲食店3.533店が廃業届けを出したと発表された。廃業者数は前年比3割増しで、廃業届けを出さない店もある事を考えると深刻な問題である。1997年に市場規模が29兆円あったが、その後デフレもあって25兆円まで縮小した外食市…

マンネリ化した人々のコロナ感染意識

国や自治体の長があれだけコロナ感染の危機感を訴えても、繁華街の人混みは相変わらずで、群がる人々は後を絶たない。どうも個々で不要不急の判断基準が違うようだ。 これだけ感染者が急拡大しても人々の意識にあまり変化はない。 注意をせねばと思いながら…

スシローの勢いが止まらない!

スシローの業績が好調です。商売の基本である「商品力」と「販売力」で他社に圧倒的な差をつけていますね。 ライバルのくら寿司は、本業の寿司よりサイドメニューを充実させるファミレス化で話題性もアピールしていますが、業績はスシローには勝てず苦戦を強…

後手後手の対応に混乱する現場!

「GoToトラベル」が一時停止された。これだけ感染者が拡大したらやむを得ないだろうが、政府の続行するだろうと思われながらの、いきなりの急ブレーキにみんな驚くばかりで、このブレまくりの対応に批判の声が多い。 コロナ発生後の春前から壊滅状態だった観…

コロナ後の中小企業に援護射撃を!

詐欺事件が問題になっている「持続化給付金」では、自主的に返還した総額が64億円以上になるらしい。中小企業庁によると「返還希望者がコールセンターに不正を告げても、捜査機関に通報するような事はしない」と強調し、更なる返還者が増える事を期待してい…

野菜が高い!

野菜が異常に安い。少し前まであれだけ高かったのに、天候に恵まれ生育が良好だった事もあるが、コロナで外食店の注文が激減し市場でダブついているからもある。 白菜やキャベツなど葉物は先週比で半値であり、野菜農家は廃棄処分等で悲鳴を上げている。だか…

天国から地獄に落ちた社長!(下)

しかし印刷業界はネット印刷の普及で既存の業務スタイルでは太刀打ちができないなどの激しい環境変化に、柔軟に適合できずに淘汰が始まったのである。 先見力のない同社はこのネット印刷に客が流れるのを防げず、低コスト・高品質・スピード納期のネット印刷…

天国から地獄に落ちた社長!(上)

長年勤務していた印刷会社で経験とノウハウを蓄積し、51歳の時に従業員一人引き連れスピンオフして創業した印刷会社社長。市場の成長や取引先、顧客にも恵まれ、飛ぶ鳥を落とす勢いで業況拡大を実現し、いつの間にか従業員35人、年商6億円の会社の社長…

コロナ禍で推奨される「マスク会食」

コロナ禍で食事の際に推奨される「マスク会食」。新たな食事スタイルとして定着するだろうか。確かにこの危機的状態時には、定着させて感染予防を強化しないといけないのは理解できるが、現実的ではないように思える。 これが強制になると、ますます外食離れ…

呆気なく終了する「GoToイート」のポイント付与!

大阪は17日、新型コロナウイルスに新たに感染した人は269人で、一日の感染者数としては過去2番目に多い数となった。1週間連続でコロナ感染者が急拡大して、危機感が漂いつつある。感染原因の一つと指摘されている飲食店では、「GoToイート」のポイン…

頑張る和歌山の農家を応援したい

昨日、客先に向かう時、森ノ宮で路地裏なのに人だかりを発見。 見たら野菜直売所で、若夫婦が笑顔で威勢よく販売していた。 話を伺うと、和歌山の野菜農家の方で、月に一回(土曜日)、朝5時に向こうを出発し、友人の店舗前スペースを借りて販売していると…

他人で受け継がれる老舗喫茶店。

他人で受け継がれる老舗喫茶店。 「会社は初代が大きくし、2代目が傾け、3代目が潰す」とはよく聞く。中小企業を倒産させるのは、三代目が6割と最も多く、二代目・三代目社長を足すと9割を超えているとの事だ。 一方で「初代が会社の礎を築き、二代目はそれ…

昨日は行政書士試験でした。

昨日は行政書士試験でした。 一般的に、不景気になると失業率が高まり、就職・転職が厳しくなるので、資格を目指す人が増えます。一方、好景気になるといつの間にか資格ブームが沈静化するのが実状です。 そういう資格事情の中で、過去5年で1番受験者が多か…

マスクを巡ってトラブルになり、閉店に追い込まれた餃子屋さん

マスクを巡って、ホリエモンとトラブルになり、閉店に追い込まれた広島の餃子屋さん。別の著名人の助言で再生を図ろうとしており、クラウドファンティングで予想以上の資金が確保できたようだ。それで頑張ろうかと思っていたら、今度はそれに対する誹謗中傷…