中村コンサルタント事務所

飲食店支援専門のコンサルタント事務所です。コロナ禍で苦しい思いをされているでしょうが、再生に向けて応援します。頑張るを応援するブログです。

コロナと熱中症のWパンチ!

今年はとにかく暑過ぎる。テレビでも「特別に必要ない人は運動をしないで下さい」との案内が頻繁に出される異常な状態である。救急車のサイレンが昼も夜も鳴り響き、熱中症患者の受入に病院も大変だ。搬送先探しに時間を要し、救急車がずっと待機しているのも珍しくない状態になっている。コロナと重なり、医療関係者は本当に大変だと気の毒になる。

 

新型コロナのクラスターが発生した大阪の阪神百貨店では、食品売場を当面の間、休業するとの事らしい。店も納入業者も急なことで在庫の対応に追われるであろう。その他、スターバックスマクドナルドも従業員の感染拡大で臨時休業する店舗が増大中。今までとは違うフェーズに入り、どういう対策を講じたらいいのか分からず不安である。

 

 

1日当たりの感染者数が1万人を上回るのは7日連続の厳しい状態に陥っている。以前なら国や自治体の要請に従っていた飲食店も、最近は我慢の限界に達し、時短や酒類販売禁止を無視して営業する店が増えてきており、1割程度、存在するようだ。従業員の雇用や店の存続の為に気持ちは理解できるが、また感染拡大の原因にされる事になるのが心配である。

 

緊急事態宣言下で9割の飲食店が休業中である。その結果、街に元気がない状態だ。そんな中、近隣ではコロナ収束後を見据え、9月にオープンする飲食店が複数店舗ある。どんどん新規出店する店が増え、地域活性化に貢献して欲しいものである。その為には、早く営業時間や酒販禁止の規制がなく、自由な競争ができる環境の整備が求められる。