中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

コロナ過で優勝劣敗が明確に!

サイゼリヤが通常店舗の4割位の小型店をオープンします。客席が少なくキッチンを1人で運営可能なオペレーションになっており、合理性・効率性機能性・機能性を追求した設計になっています。

 

 

その結果、出店費用を従来の半分近くに圧縮し運営コストも低減させています。増加する駅前のコンビニ跡地などで出店を拡大し、坪当り生産性の更なる向上を目指すようですね。客数増が期待できない中、大型店出店はリスクが高いから最適な判断でしょう。タピオカ店の跡地を急拡大している「唐揚げ持ち帰り店」の出店が増えています。コロナ禍でも新陳代謝が進んでいますね。

 

回転寿司最大手のスシローは、また今年も2日間、国内の全店舗(586店)を休業するようです。従業員の声を元に、より働きやすい職場環境にする目的みたいですね。従業員を大切にする会社の姿勢が伝わり、従業員もやりがいが出て顧客満足度の向上になると思います。目先の利益より、将来的利益を重視する会社は当然に強いようで、この先、「くら寿司」や「はま寿司」など競争他社を大きく突き放し、ぶっちぎりそうですね。

 

この様にコロナ過でも有効な対策を講じている外食企業は強いです。優勝劣敗が明確になってきましたね