中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

後手後手の対応に混乱する現場!

「GoToトラベル」が一時停止された。これだけ感染者が拡大したらやむを得ないだろうが、政府の続行するだろうと思われながらの、いきなりの急ブレーキにみんな驚くばかりで、このブレまくりの対応に批判の声が多い。

 

コロナ発生後の春前から壊滅状態だった観光業界は「GoToトラベル」のおかげで息を吹き返し、上向きだっただけに残念であろう。急な決定で旅行・宿泊関係者も戸惑うが、お客様の方がもっと混乱している。これからそのキャンセル作業に追われて、年末を迎える事になるだろうが、それでも飲食店のように協力金を出す話はないようで気の毒である。現場の状況や苦労をもっと理解してなければ、国も適時適切な指示や支援は難しいだろう。

 

飲食店の方も大阪市では、3回目の時短要請が延長された。店は「耐えるしかない」と言いながら、先行きを懸念する。急な方針変更に嫌気を差し、我慢の限界に達しているが、怒りの持っていき場がなく、諦め気分でもあるようだ。

 

そして今後の資金繰りや人の管理など対応に頭を悩ます。生産者や卸売業者など納入業者もお手上げ状態だが、これらにも協力金がないようである。微々たる金額だが飲食店はまだ配慮されているようだ。

 

その飲食店では、コロナによる宴会需要の減少で業績低迷の中、焼肉店は比較的好調で、他業態もその成長市場を狙い、参入を急いでいるようだ。焼肉は無煙ロースターで換気対策が優れており、コロナ禍で安心・安全をアピールできていいようだ。また客が自ら調理を担うのでコックレス化が可能で、人件費の低減で利益率も高い。参入が増えて競争が激しくても、市場の拡大が期待できるから魅力的なようだ。

 

しかし、いつまでも収束しないコロナにみんなストレスが溜まってくる。

「勝負の3週間」と感染対策への意識付けを求められても、繁華街の人出に大きな変化は見られなかったから、結果が出なかったので自粛延長だ。コロナが長期に渡りすぎて危機感が希薄になっているようである。もうじきクリスマスだが、子供達はコロナでサンタさんが来られないのではと心配しているようだ。子供の楽しみを奪わない為にも大人が行動を改めねばならない。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

誠に恐れ入りますが、ランキングに参加していますので

ポチッと頂ければ嬉しいです。宜しくお願いします。